中国人の性格や恋愛事情とは|人間関係を重視!同棲するは少ない

中国人の性格や恋愛事情についてまとめています。

常に自分が中心でいたいと思い、人間関係を重視します。

学生での同棲や半同棲は少なく、街の公園でふたりで会うようです。

日本男性には、経済力を求めるようです。

日本は世界から見ると変な恋愛事情も多いようです。

大きな大陸にする中国人の性格とは?恋愛は世界共通?女性には優しい

常に自分が中心になりたい

日本のような島国と違って、中国は大きな大陸の中心なので、そこに住む中国人の性格は、常に自分が中心となって支配したいという願望を持つ人が多いようです。

恋愛においては、男性は、自信過剰な面もありますが女性にはとても優しく接します。一方、女性は恋愛に対してかなり積極的なんだそう。

人間関係を重視する

中国人の性格の特徴としては、人間関係を重視する傾向にあります。なかでも血のつながった人との関係は大切にします。

また、同じ出身地というだけで仲よくするという人が多いです。恋愛においても、同じ出身地だったら急速に近づいて仲よくなる人が多いのが特徴です。

関係のない赤の他人には冷たい

逆に、赤の他人には冷たいです。

なので、ニュースでも取り上げられていたように、行列に割り込んだりしても平気でいられるのです。

情に厚い

友人関係ができると、その人をとても大切にしますし、その人の家に遊びに行ったりすると心から歓待してくれます。

また、困った時には助けてくれます。一度関係を築くと、とことん大事にするのが中国人気質です。

引用元-かなり人情深い◎中国人の特徴と恋愛傾向7つ | Saras[サラス]

  • 中国人は、支配したいという願望を持つ人が多い
  • 恋愛においては、男性は、女性にとても優しく接する
  • 女性は恋愛に対してかなり積極的な面がある
  • 同郷ということで仲よくする人が多い
  • 一度関係を築くと、とことん大事にするのが中国人気質

一度関係を築くと、とことん大事にする

以前勤めていた会社の同期に中国人がいました。常に自分が中心となって支配したいという願望はあったのかもしれません。会議でもファシリテーションを良く務めていました。赤の他人に冷たいというのは意外です。血の繋がりを大切にする気持ちがあるのになぜそのようになるようでしょうか。

中国人男性と恋愛する場合、日本人男性の性格の違いとは?

『今日もかわいいね』韓流スターのようなほほえみの彼

私が前に働いていたお店に、中国人男性がスタッフとして入ってきました。

見た目は、色が白く黒髪を斜めに分けています。薄い顔立ちは、美少年でもなく、不細工でもなく。醤油顔と言った典型的な顔でした。

一緒に働くうち、彼の素直さ、無邪気さがどんどん見えてきました。へたくそな日本語でお客さんに話しかけます。「今日は、何をしてきましたか?」「今日は、特になにもしてないな~」と答えるお客さん。

「僕は、映画に行って映画を見てきました。主人公の○○がかわいかったです。そのあと、ご飯を食べて、今、ここにいます」と、しゃべる姿はとてもかわいく見えました。

そんな彼でしたが、職場で会うとにっこり微笑み、「今日もかわいいね」と言ってくれるようになりました。

日本人の同僚に、そんな事を日常的に言われたことがなかったのでびっくりしました。言った本人は平気そうなそぶりで、照れるわけでもありません。

だんだん彼の醤油顔や、黒髪や、片言の日本語が韓流スターのように見えてきました。

引用元-意外かも!素直でまっすぐ、情熱的な中国人男性の恋のしかた | 女性の美学

  • 職場で会うと「今日もかわいいね」とにっこり微笑むような韓流スター
  • 日本の同僚ではありえないこと

今日もかわいいね

「今日もかわいいね。」なんて言うと、今の日本社会ではセクハラなんて言われしまうかもしれません。迂闊に容姿を褒めることなんてできません。これは、日本人男性を責めないであげて欲しいです。しかし、そのような彼がいれば気持ちも上がって、やる気になることでしょう。

中国人の恋愛事情について|日本とは違う!性格?国の違いなのか…恋人とゆっくり過ごす時間は少ない

日本とは違い、中国で恋人と同棲や半同棲をする学生は、一部の富裕層を除いてはまだまだ少数派です。

最近は変化しつつあるとはいえ、大学生は学内の「宿舎」に住む必要があり、男子学生で6~12人、女子でも4人以上が相部屋で生活しなくていけません。

当然ながら、恋人と部屋でゆっくり過ごす時間は、ほぼ皆無。学外のアパートに住むことも可能ですが、中国では学生のアルバイトは一般的ではないため、実家が裕福な人以外は、なかなか困難となっています(一方で、一人っ子政策の恩恵を受けて、甘やかされて育ったリッチな大学生もたくさんいるのですが・・・)。

そこで、恋人たちが睦(むつ)みあう場所は、必然的に外となります。

若くてお金が無いカップルが行く場所は、何と言っても街の公園。

恋人たちは、ありあまるほどの時間を、ひたすら相手とのおしゃべりとスキンシップに費やします。

引用元-独占報告!中国若者熱烈的恋愛事情

  • 中国で恋人と同棲や半同棲をする学生は、まだまだ少数派で一部の富裕層
  • 大学生は学内の「宿舎」に住み、男子学生で6~12人、女子でも4人以上が相部屋で生活
  • 若くてお金が無いカップルが行く場所は、何と言っても街の公園

街の公園でデート

日本では半同棲生活をしている大学生は多いですが、中国では違うことに驚きました。一部の富裕層では浸透しているようです。それにしても、中国は一人っ子政策が行われてきていましたから、親の目が気になりそうです。たとえ暑くても寒くても待ちの公園に行く気持ちはわかります。

国際結婚ってどのくらいいるの?割合は?恋愛からいよいよ結婚へ。

国際結婚の事情

国際結婚の中味を見てみると、日本人男性と外国人女性という組み合わせが多い。

2007年では、妻が外国人というケースで見ると、中国(1万1926人)が最も多く、次いでフィリピン(9217人)、穐囲・北朝鮮(5606人)がこれに続く。

一方、夫が外国人というケースでは、韓国・北朝鮮(2209人)が最も多く、次いで米国(1485人)、中国(1016人)の順で多くなっている。

婚姻相手という点では、男性と女性では顕著な違いがある。

配偶者に求めること

日本人男性は配偶者の経済条件にこだわらない人が多いが、外国人女性は結婚の条件として配偶者の経済状況を重視する傾向が強いからだろうと推測される。

国際結婚を契機に、その親類縁者が日本に移り住むケースも増えてくるだろう。

これまでの日本社会では外国人の存在は特別であり、「お客さん」的な立場で扱われることが多かったが、国際結婚の割合が5%以上ともなると、もはや「例外」ではなく「前提」として考える必要がある。

引用元-急増する国際結婚 – Welcome to Quick Homepage Maker

  • 国際結婚は、日本人男性と外国人女性という組み合わせが多い
  • 日本人男性は配偶者の経済力にこだわらない人が多い
  • 外国人女性は結婚の条件として、男性の経済力を重視する傾向が強い

日本人男性と外国人女性の組み合わせが多い

アジア人同士の国際結婚だと、一見見た目では分かりにくいですが、国際結婚は増えたように感じます。私が住んでいる家の前の横は、欧米人夫の国際結婚です。お子さんが非常に可愛いです。国際結婚のひとつのメリットかもしれません。子どもがハーフ顔で可愛いというのは。

そこがヘン?だよ日本人。恋愛編

Q.日本人の恋愛観や恋人との付き合い方で「独特だな」と思うところを教えてください。

浮気にまつわる考え方

・「日本人の浮気に関する考え方はとても母国と違うように感じます」(アメリカ人/26歳/男性)

・「男性は浮気しても仕方ないと思うところです」(ブラジル人/30歳/女性)

バレンタインの習慣

・「バレンタインに男性にチョコをあげる事」(インドネシア人/37歳/男性)

・「Valentine dayに女性が男性に告白することです」(ベトナム人/31歳/女性)

デートのお会計

・「男性が女性におごらなくてはならないこと」(イギリス人/30歳/男性)

・「日本人カップル同士でも割り勘するのが独特だと思います」(中国人/28歳/女性)

・「割り勘は日本独特な文化で、海外では男性が払うのが一般的」(マレーシア人/36歳/女性)

恋愛のステップ

・「最初から結婚を目指している。『付き合ってください』と聞くこと」(フィンランド人/27歳/男性)

・「ちょっと固いです。ステップがあります。告白⇒デート⇒プロポーズ⇒結婚」(イタリア人/38歳/女性)

・「一緒に住む経験なしで結婚すること。単身転勤」(オランダ人/44歳/女性)

・「恋人を探しているとき、結婚する相手を探している」(スペイン人/32歳/女性)

引用元-外国人から見た、日本人の独特な恋愛観とは? | マイナビニュース

  • バレンタインは、世界からみると変わった風習である
  • 割り勘は日本独特な文化で、海外では男性がすべて払うのが一般的
  • 一緒に住む経験なしで結婚することがあるのは世界からみると不思議

割り勘文化はなくならない

バレンタインのときに男性にチョコをあげるのは、独特だな、と感じられているようです。しかし、それは日本人の女性も同じように感じていると思います。なぜこの慣習が始まったのか不思議です。最近では、バレンタインよりもハロウィンのほうが経済効果が高く、いつかなくなるかもしれませんね。割り勘文化は、年上の男性以外だとなかなか支払ってもらうのは悪い気がします。