25歳までに結婚したいけど貯金がない!結婚は無理?貯金のすすめ

女性では結婚したい年齢は30歳、という人が多いそうです。中には若いうちに結婚して節約生活を強いられている夫婦もいると思います。

でもちょっと待ってください。結婚式の費用はありますか?明日入院したら?貯金はあるに越したことはありません。早速コツコツ貯金を始めてみましょう!

貯金する期間は3年が勝負!?大学卒、25歳で結婚する場合は・・

結婚適齢期は30歳前後?!

日本の独身女性が思う結婚適齢期は30歳前後だそうです。

少し前だと25歳くらいで結婚して30歳までに子どもを授かりたいというのが一般的でしたが、食文化や女性の社会進出などで日本も海外の先進国並みになってきたことで変化してるようです。

目標をもって婚活を進めていくにあたって大事なことは、やはり貯金がある程度必要ということですね。

たとえば25歳で結婚したいということであれば最終学歴が四年大学ですと3年間しか貯金する期間がありません。

お金持ちの人ならともかく普通のOLなどで生計をたてる限り働きながら貯金もしていくというのはそんなに安易なことではありませんよね。

やはり目標を掲げたのであればそれに向かって進むしかありませんから、貯金は生計の一部と考えて残ったお金を貯めるのではなく貯金したあとの残ったお金で生活をしていくというのがポイントになります。

でも、いろいろと無理な生計をたてると途中で挫折したりそれこそ病で倒れたりしたら元も興もありませんので、やはりできる範囲でということになります。

貯金して25歳までに結婚したい

女性が考える結婚時期は男が30歳で女が27歳、男性が考える時期は男女とも30歳だそうです。

25歳という年齢は人生のターニングポイントと考える方は多いと思います。

20代はいろいろな意味で今後の人生を考えたり計画を立てたり、自分の進むべき道を試行錯誤しながら決めていく人が多いですね。

若いときは貯金のことなど考えずにやりたいことをやる、みたいな日々を送る傾向があるのが普通です。

なかにはしっかり者もいて、もうそれこそ学生の時から貯金をして将来の結婚だとか、あるいは起業する方もいることでしょう。

いずれにしても貯金というのは財産であり、人生の保険でもあると言ってもいいかもしれません。

結婚したい年齢というのは男女で違いはあるにしても冒頭の結婚時期は現実のものとは違ってる気がします。

一般的に女性は精神年齢が男性より高いと言われていますが男性よりも女性の方が結婚に対する考え方は25歳でしたいというような意見が多いようです。

引用元-25歳くらいで結婚したいけど貯金がゼロ…どうすれば? | オトコの恋バナ

  • 日本人女性の結婚適齢期は30歳前後
  • お金を充分にためてから結婚したいと思う人が増えている
  • 20代は貯金をしながらの結婚準備期間
  • 男性と女性とでは結婚したいと思う年齢が違う

貯金をして遊びきってから結婚したい?!

男女ともに結婚したいと思う年齢も、実際に結婚する年齢も徐々に上がってきているようですね。結婚するとなるとやはり一人の時間も減りますし、家庭のために時間を割かなくてはいけないことも増えますから、現代の日本人はもう少し遊んでから…と思う人が多いのでしょうか。

結婚出来る!25歳で貯金がない場合でも

貯金なしでも結婚は出来る!

貯金がなくても結婚をすることは可能です。実際に貯金なしで結婚し、現在も幸せなカップルは大勢います。

貯金のないカップルがどうやって結婚をしたかと言えば、「あるだけのお金で身の丈にあった結婚をした」ということです。

結婚式をささやかなものにする、新居は1人暮らし時代の家具でまかなったなど、必要以上に出費がないよう工夫して結婚している人がほとんど。

重要なのは結婚生活を2人の力だけでやっていく見通しをつけることです。結婚するために何を我慢し、どうやりくりすべきなのか2人でしっかりと話し合いましょう。

結婚式は自分たちの出来る範囲で行う

貯金が少なく大勢のゲストを招く結婚式が難しい場合は、決して無理をしないことが大切です。

ブライダルローンを組むことも可能ですが、最も大切なのは結婚後の生活。

貯金に見合わない結婚式を望んでしまうと、結婚後返済に苦しむことになってしまいます。

両親の援助やご祝儀で返ってくる分を出来るだけ正確に予測し、出来る範囲の結婚式を行いましょう。

結婚後は節約生活を覚悟!

貯金なしで結婚するということは、結婚にかかった費用を補うためや将来の子供のために、結婚と同時に節約生活をする必要が出てきます。

外食や飲み会を控える・趣味にかかるお金を減らすなど、今まで通りにお金を使えない場面が多数出てくるでしょう。

「お金を自由に使えないストレス」が結婚生活での最初の課題になるということを2人でしっかりと認識し、節約意識を身につけましょう。

引用元-貯金なしでも結婚式はできる?お金がない状態で結婚を挙げるコツ 【みんなのウェディング】

  • 貯金をせずに結婚する若い男女もたくさんいる
  • 形式ばった結婚式を無理してする必要はない
  • 結婚後返済が大変になるくらいなら自分たちの形での結婚式を
  • 結婚後はやはり節約生活が強いられる

無理して結婚式を挙げる必要はない

お金をためずに結婚すると一番初めにぶち当たる壁は結婚式ではないでしょうか。結婚式は莫大な費用がかかるうえに、いくらご祝儀で返ってくると言っても自己負担は免れません。借金をするくらいなら、近くの飲食店を貸し切ってお披露目パーティーくらいでもいいと思います。

結婚に踏み切れない・・25歳で貯金がなくても30歳までを目標に貯めよう!

貯金がないから彼女にプロポーズできない?

彼女がいるのになかなか結婚しない男性に理由を聞くと、「お金がないから……」という声がよく聞こえてきます。

実際のところ、必ずしも貯金額を重視している女性ばかりではないのですが、いざプロポーズとなると、「彼女の両親から仕事のことや貯金のことを聞かれるのでは?」と悩んだり、結婚資金をどう捻出しようと悩んだりして、なかなか結婚に踏み切れないのも事実です。

付き合っている彼女に自信を持って「結婚しよう」とプロポーズできるためにも貯金ってやっぱり大事なんです。

結婚以外にも、見分を広げるために海外旅行に出かけたり、仕事のステップアップを目指して資格の取得や大学院を目指したりすることもお金があれば可能です。

30歳くらいまでには、やりたいと思ったことに躊躇することなくチャレンジできる心のゆとり、お金のゆとりを持っていたいものですね。

30歳までに300万貯めることを目標に

では、30歳までに300万円貯める方法を、具体的に考えてみましょう。

あなたが現在25歳だとすると、30歳までには5年間あります。

1年あたり60万円の貯蓄を5年間続ければ、300万円になりますね。

例えば、ボーナスと毎月のお給料から半分ずつ貯めるなら、毎月のお給料から2万5000円ずつと、年に2回のボーナスからそれぞれ15万円ずつ貯めれば、1年間で60万円が貯められます。

今はお給料が安くて年間60万円は難しくても、これからお仕事を頑張って昇給が見込めそうであれば、今年は40万円からスタートして、50万円、60万円、70万円、80万円と毎年貯蓄額を上げていくやり方もできますよ。

引用元-「最低でも50万円」何で若いうちからこんなに貯金しなくちゃいけないの?【連載:男子マネー】

  • 彼女がいてもお金がなくて結婚に踏み切れない男性は多い
  • 30歳までに300万貯めることを目標にしてみよう
  • 目標があると仕事のやる気も出る
  • 頑張って昇格・昇給を目指してスキルアップしてみよう

目指せ昇給!

結婚したいけどお金がない…確かにそう悩んでいる男性は多いかもしれませんね。彼女(奥さん)に結婚後不自由をさせたくないという思いからでしょう。その気持ちを仕事への向上心に変え、昇給を目指して頑張ってみるのもいいでしょう。

結婚は無理?貯金できない女性は相手にしてもらえない現状

付き合っているうちはいいけれど結婚相手には向かない女性

「恋人としてはいいですが、結婚相手としてはあり得ないと思います。あればあるだけお金を遣ってしまうような女性を、奥さんにしたいと思うオトコはいないはずです。怖くて稼ぎを預ける気にならないですし、共通の財布にしたくないです・・・」(32歳/メーカー)

財布や口座を一緒にしない恋人であれば問題はなくても、共同生活をする夫婦になると「ちょっと厳しい」といった意見が寄せられました。一般的には奥さんにお金の管理を一任する男性が多いので、貯金や節約といった意識は欠かせないとする声が多めです。

人のお金を大事にしない女性はツライ

「自分の稼いだお金を大切にしない人が、他人の稼いだお金を大切にするわけがないと思ってしまいます。また、たとえ何かしてあげたとしても、そういう女性はありがたみを感じてくれなさそうなので、彼女にも結婚相手にもしたくないです」(28歳/建設)

このように、やや厳しい意見も少なくありません。「貯金できなくてもOK」といった考えを持つ男性もいますが、基本的には「貯金できる体質」にしておくのが一番。最初はひと月に2〜3万円でもいいので、今年は「コツコツ貯金型」を目指してはいかがでしょうか。

引用元-結婚相手としてはあり得ない?「貯金できない女性」への男性の本音 | 東京独女スタイル

  • お金を大切にしない女性との結婚は無理
  • 恋人としてはいいけれど生計を共にするのは不安
  • お金のありがたみをわかっていない女性とは結婚できない
  • あてはまる女性は500円玉貯金から始めてみては?

自分のお金も人のお金も大切に

やはり彼女と結婚相手は別と考えている男性も多いようです。特にお金を大切にしない女性とは、生計を共にするには少し不安がありますよね。当てはまる方は小銭貯金でもいいので少しずつコツコツ貯金を始めてみてはいかがでしょうか?

心に余裕を持たせるためにも少しでも貯金をしておこう

貯金があれば不安が減る

貯金ゼロでもその日暮らしが出来るかもしれません。

でも明日入院したらどうしますか?

買いたい薬が買えるような状態ですか?

その洗濯機ぶっ壊れたらどうするのですか?

川で洗濯して桃太郎とこんにちわですよ。

ほかほかご飯を炊く炊飯器が壊れたら。

山盛りのどんぶりご飯食べられませんよ?

友人との付き合いもなくなりますよ?

付き合い悪いー!って友情失います。

ひどいと住む家もなくなるかもしれません。

貯金があることによってココロの余裕が生まれます。

お金があると心に余裕が生まれ、人として成長できる

人間の器が大きくなり人間としても成長します。

でっかく貯めなくていいんですよ。

50万円でもいいじゃないですか。

生きていくうちに必要額が変化します。

その金額が必要な「目的」を持っていれば必ず貯まります。

大切なことはその目的を達成しようとする意思力。

みんな、お金貯めていこーぜ!

貯金ゼロなんてかなしーこと言わないでくださいよ。

貯める意思をもっと強く持ちましょう。

引用元-貯金ゼロは心の余裕もゼロ。人生のステージで必要な貯金額を貯めるために金額設定だけではダメな理由 | ももねいろ

  • お金がないとやっぱり不安
  • けがをして入院費を払えない生活は幸せか?
  • 飲みごとを断りつづけていても人としての信頼関係は作れるか?
  • 強い意志を持って「貯金をするぞ!」と決めることが大事

いつお金が必要になるかわからないから貯めておくにこしたことはない!

その日暮らしをしている人もたくさんいるでしょう。だけどけがや病気で入院生活に…なんてことは予想することができないですよね。入院費も払えない生活はさすがにむなしくないでしょうか?頑張って貯金してみましょう!