未婚の認知問題|子供の養育費がどうなるか不安な時…請求など対処法

相手が子供を認知しなかった場合、今後の養育費が困りますよね。

そんな時はまず父親として認知してもらい、養育費を請求しましょう。認知しないなら審判・調停、場合によっては訴訟となります。

養育費を支払う公正証書を交わしても支払わない場合は、強制執行で給与を差し押さえましょう。再婚を考える場合は慎重に。

未婚でも養育費を請求しやすい!子供を認知して貰えた場合

父親がすんなり認知するかどうか

家族の形態も様々になった昨今、未婚の母として子どもを育てている方もいらっしゃいます。その場合、生まれた子どもは母親の戸籍に入っています。分娩という周知の事実が、母子関係を証明しているからですね。

しかし、父親の戸籍欄は空白のままになっています。つまり、未婚の母の子どもは、法律上は父子の親子関係が発生していない状態なのです。

扶養義務は親が子に負うものですので、親子関係がなければ、扶養義務も発生しません。

そこでまず必要なのが、「認知」をして戸籍上の父親になってもらうことです。婚姻関係にない男女の間に生まれた子どもを、自分の子どもとして届け出てもらうわけですね。未婚の母が子どもの養育費を請求したい場合、まずは父親に子どもの父であることを認めてもらわなければならないのです。

任意認知→養育費請求

子どもの父親がすんなり認めてくれた場合はスムーズです。

役所に届出を出すことで、父親と子どもに戸籍上の親子関係が発生します。

これを「任意認知」といいます。この段階で、扶養義務が発生し、養育費の請求ができることになります。

未婚の母の場合、離婚とは状況が違いますので、養育費を出生時に遡って請求することは可能です。

しかし、すべて認められるとは限りませんので、なるべく早く行動に移した方が良いでしょう。

また、婚姻していない男女の間にこれから生まれてくる子どもを事前に認知することもでき、こちらは「胎児認知」といいます。

養育費の受け取りなどを考えると、子どもがお腹にいるうちから、対策を練っておいた方が良いでしょう。

引用元-できる?! できない?! 未婚の母の養育費請求 | 【養育費の計算ツール】養育費の未払いを請求する

  • 生まれた子→分娩という周知の事実→母親の戸籍へ
  • 扶養義務は親が子に対して持つ→親子関係が無ければ義務も負わない
  • 認知をしてもらい、父親になってもらう
  • 役所に届け出を出す→任意認知
  • 未婚の母→離婚とは状況異なる→出生時にさかのぼって養育費を請求できる
  • すべて認められるとは限らない
  • 婚姻していない男女の間にこれから生まれてくる胎児を事前に認知→胎児認知
  • 子供がお腹にいるうちから対策を練っておいたほうがいい

なぜこんなことになるのでしょうか

子供を作っておいて認知しないっていうのが信じられません。することしておいてそれはないでしょう。子供を作る気なかったのなら、そうならないよういくらでも手はあるはずです。子供じゃあるまいし無責任すぎます。

強制認知で養育費を請求しよう!未婚で子供の認知をしてもらえない時

相手が認知に応じない場合

相手が認知に応じない場合、調停や審判、最終的には訴訟をして、認知をすることになります。

生物学上の親子関係があれば、認知は認められます。現在は、DNA鑑定があるので、その結果で勝負はほぼ決まります。

相手がDNA鑑定に一切応じない場合には、赤ちゃんを授かった時期に肉体関係があったことを証拠や証言等で固めていくことになりますが、DNA鑑定に応じないという態度そのものが、相手の不利に働くでしょう。

認知をしなかった場合の不利益

では、認知をしなかった場合、その後の人生で何か不利益があるかというと……ないと思います。お受験や就職で不利になるとかいう都市伝説は、母子家庭についてのものでしょうね。お受験や就職で父親が認知してるかなんて確認することはないですし、あったとしても、認知の有無をお受験や就職の判断材料にしているところは、差別を公言しているようなものですので、そんなところに敢えて入らなくてもいいでしょう。

認知については、母親と父親の関係もありますし、認知するかしないかについては、それぞれの考え方があると思います。

引用元-未婚の母になる前に!「認知」の効果と手続き方法を弁護士が教えます – Ameba News [アメーバニュース]

  • 相手が認知しない→調停や審判→訴訟→認知
  • 生物学上の親子関係がある→認知が認められる。DNA鑑定で結果出る
  • DNA鑑定に応じない→肉体関係の証拠・証言を固める→鑑定拒否が相手に不利に働く
  • 相手が認知しないことによる不利益→ない

養育費がありますから認知してもらいたいですね

相手が頑なに認知に応じないというのが理解できません。なぜそこまで認知に応じないんでしょうか?単に無責任なだけでしょうか?結婚していて不倫関係にあったから?いずれにしても無責任以外の言葉が浮かびません。

出生時からの養育費が請求できる!?未婚でも子供を認知して貰えた場合

養育費の支払いの請求

認知によって父子関係が発生すると、相手の男性が養育費の支払いをしない時には、家庭裁判所に養育費支払いの調停または審判を求めることができます。
具体的にどれほどの養育費を求められるかは、双方の資力などを考慮して決定されます。
また、認知の効力は子の出生時にさかのぼって生じますので、女性がそれまでに支出した分娩費や養育費についても、父親が負担すべき部分はさかのぼって請求できることになります。

引用元-未婚の母になった場合生まれた子供の養育費は請求できるか

  • 認知→相手の男性が養育費を支払わない→養育費支払いの調停・審判
  • どのくらいの養育費を出させるか→双方の資力にもよる
  • 認知の効力→出生時まで遡る→養育費も遡って請求できる

調停や審判の場に相手がこない場合どうなるんでしょ?

相手が審判や調停にも応じないとなったら、どうなるんでしょうか?確か相手がいない(応じない)状態では審判や調停は開始できないんじゃなかったでしたっけ?いずれにせよ、逃げ得は許されません。

こんな時どうする?養育費が支払われなくなったとき

養育費が払われなかった場合

離婚調停や離婚審判,裁判上の和解や判決において養育費の支払を定めているにもかかわらず,養育費が支払われない場合,家庭裁判所から支払をするよう相手方に勧告をしてもらったり,支払をするよう命令してもらうことができます(これを履行勧告および履行命令といいます)。

しかし,履行勧告は強制力がありません。履行命令についても制裁が軽微であるため,実行力に乏しいのが実情です。そのため,養育費の支払がなされない場合には,強制執行を検討しましょう。離婚調停や離婚審判等で取り決めた場合はもちろん,養育費について公正証書を取り交わしている場合には,強制執行をすることにより養育費の支払をしっかり確保することができます。

強制執行

強制執行の対象としては,相手方の給与債権を差し押さえるのが一般的です。通常の強制執行において給与債権を差し押さえる場合,給与の4分の1までしか差し押さえることができません。養育費の場合には,子どもの生活にかかわる大切な権利のため,2分の1までの差し押さえが認められています。

また,一般的に,支払期限が到来していない将来の権利については,あらかじめ強制執行の申立をすることはできません。ただし,養育費については支払が滞っている状況があれば,期限前でもその申立をすることができます。そのため,滞納があったたびに何度も強制執行を申し立てる必要はありません。

なお,給与差し押えの弱点は,相手方が退職してしまった場合に養育費の回収が困難となることです。給与債権以外にも強制執行の対象財産は考えられますので,相手方の性格上,給与の差し押えをすべきかどうか,そのほかにどのような財産を対象としていくのか等,強制執行の方法については慎重に検討する必要があります。そのため,養育費の未払いがある場合には,法律の専門家である弁護士に相談することをおすすめします。

引用元-子どもの養育費 | 離婚と子どもについて | 弁護士が教える パーフェクト離婚ガイド

  • 養育費が払われない→家裁から支払いをするよう相手に勧告・命令してもらう
  • 勧告・命令には強制力がない→強制執行を検討する
  • 養育費について公正証書を交わしている→強制執行により養育費の支払いを確保
  • 強制執行→相手の給与債権を抑える→通常は給与の1/4、養育費の場合1/2
  • 将来の権利→強制執行の申立てできない→養育費の支払い滞っている場合は可能
  • 給与差し押さえの弱点→相手が退職→回収が困難
  • 給与債権以外にも強制執行の対象財産が考えられる→弁護士に相談

相手もここまでされたら事の重大さに気づくかな?

養育費に限らず、強制執行は避けたいものですね。公正証書まで取り交わした時点で、逃げられないとは思わないんでしょうか?とにかく面倒から逃げたい一心で書類を作成してしまい、養育費の支払いをすっぽかすと、あとから手痛いしっぺ返しを食らいますよ。

自分や子供にとっての幸せな結婚!シングルマザーが「再婚」する為に心掛けたいこと

1 再婚相手に母親の自分を見せる

再婚相手には、女性としての自分だけではなく、母親の面を見せておくことが大切です。
結婚してから初めて母親としての面を見せて、相手に引かれてしまうケースがないとは限りません。

お母さんはいつも優しく、笑顔だけではいられないし、家事や育児に追われていつも綺麗でいられないことだってあります。

どちらの面も受け入れてくれる寛大な男性でなければ再婚は難しいでしょう。

2 離婚での反省を再婚に生かす

離婚理由をしっかりと考え、“同じ過ちを繰り返さない”ように肝に銘じましょう。

離婚の理由が、前の夫だけに原因があると考えていると危険です。自分にも至らなかった点があると反省し、再婚相手にも話しておきましょう。

自分の良い面ばかりでなく、ダメなところも見せることが大切です。そして、すべてひっくるめて受け入れてくれるような男性が望ましいです。

3 再婚を焦らない

相手の男性と信頼関係を築くことができ、将来を共に過ごそうと考えたとしても、すぐに再婚をすることが最善だとは限りません。

子供の年齢や性格によっては、お母さんの再婚に反対することもあるでしょう。父親への思いが強いほど、お母さんの再婚はつらいものになります。

「お母さんには幸せになってほしいし、相手の男性も良い人だとわかっているけど、それでも再婚はしてほしくない。」・・・など子供にとって母親の再婚はとても複雑なことなのです。

時間はかかるかもしれませんが、子供の気持ちを優先し、タイミングをみることが望ましいです。

引用元-シングルマザーの再婚は難しい?結婚で子供と幸せになるコツ5 – マーミー

  • シングルマザーの再婚
  • 再婚相手に、女性としての自分だけでなく母親としての自分も見せる
  • 離婚での反省を再婚に生かす
  • 再婚を焦らない
  • 子供の年齢や性格によっては、再婚に反対するかも
  • 子供の気持ちを優先しタイミングを見る

子供の事が疎かになるケースもあるでしょう

一人の女性と思って付き合い、いざ結婚を考えるようになったら、実は連れ子がいました。となると、男性側にしたら「騙された」と思う人もいることでしょう。また端から見ていて「なんでその男性とくっつくかな」と思ってしまうこともあります。よく考えましょうね。